171災害伝言ダイヤルとは?使い方や練習方法をもしものためにチェック

つながり

171災害伝言ダイヤルはもしもの時にすっごく役立つんです。
でも実際に災害に遭った時じゃないと171(災害伝言ダイヤル)は使えないだろうし、使い方もわからないからな…って思っていませんか?

でも171災害伝言ダイヤルは練習できるんです!
練習できるなら171災害伝言ダイヤル使えるかも!って思った方は是非171災害伝言ダイヤルについてチェックしてみてくださいね。

171災害伝言ダイヤルとは?

大きな災害が発生したときには、その直後から被災地に全国から、色々な人から電話が殺到します。
私も福岡西方沖地震の時には広島、山口、四国、長崎など色々な場所にいる親戚、知人や友人から連絡をもらいました。

ただ、そのような災害発生直後というのは、とにかく電話が繋がりにくくなります。
電話がかからないからと電話を何度もかけ直すと、それがまた回線が混雑する原因となってしまうんです。

地域によって被害が大きな場所もあればそうではない場所もあります。
本当に人命にかかわるような電話がつながらなくなってしまうかもしれません。

だからこそ、安否確認をする時には電話ではなく、171災害伝言ダイヤルなんです。

被災して本当に命に関わるような、大切な電話が通じなくなってしまってはいけないので、命に関わるようなことでなければなるべく171を利用するようにしてみてください。

171災害伝言ダイヤルは留守電みたいに簡単に使える

171災害伝言ダイヤルはNTTによって開設されているサービスで、大きな災害が起きた時にすぐに開設されます。

1つの電話番号ごとに外部からのメッセージを録音するのはもちろん、録音されたメッセージを聞くこともできるんです。

家の留守番電話と同じような感覚でとても簡単に使うことができます。
もちろんを録音されたメッセージについては暗証番号を設定して特定の人でなければ聞けないようにするというのも可能ですし、暗証番号が設定していなければその電話番号をしている人であれば全てが自由に聞けるんですよ!

171(災害伝言ダイヤル)の使い方

171災害伝言ダイヤルの使い方はとっても簡単です。
動画でも紹介されていたので、是非確認してみてください。

171 伝言の録音方法

171→(ガイダンス)→1→(ガイダンス)→電話番号


171 伝言の再生方法

171→(ガイダンス)→2→(ガイダンス)→電話番号(市外局番から)


web171

実は171災害伝言ダイヤルにはweb版もあります。
web171での伝言の登録、再生方法についてご紹介していきます。

web171 伝言の登録方法

文字だとわかりにくいので、動画を貼っておきます!


web171 伝言の再生


このように、171にかける、もしくはアクセスするとガイダンスなどで操作手順を教えてもらうことができます。
なによりも重要なのは「171」を覚えておくことです。
この番号を覚えてさえいればなんとかなります。

どの電話番号に伝言を残しておくのか、しっかりと家族間で決めておくようにしてください。
伝言を残した番号がわからなければ伝言のやりとりができなくなってしまいますよ。

・一般加入電話
・公衆電話
・携帯電話
・PHS

これらから利用することができます。
提供開始、録音時間、録音件数などはNTTが決定し、テレビなどで知らせてくれます。
災害による被害の大小などにも関わってきますが、録音時間は基本的に1件あたり30秒ほどで、最大10件までとなっています。
録音をしてから48時間保存できます。

171(災害伝言ダイヤル)練習できる?

もしもの時、171という番号を思い出せるか…
思い出せたとしてちゃんと操作できるか…

171災害伝言ダイヤルが便利だとはしても、やっぱりちゃんと使えるか不安ですよね。
そのような不安がある方でも、NTTでは171災害伝言ダイヤルを実際に体験できる日を設けているんです。

これはかなり嬉しいですよね。
予行練習ができるんです!

・毎月1日 00:00~24:00
・正月三が日(1月1日00:00~1月3日24:00)
・防災週間 (8月30日9:00~9月5日17:00)
・防災とボランティア週間 (1月15日9:00~1月21日17:00)

せっかく171災害伝言ダイヤルを実際に練習できる日があるんですから、ぜひご家庭やご親戚と使ってみてはどうですか?

こまりたまご

まとめ

171災害伝言ダイヤルはもしもの時にきっと役立ちます。
自分たちの無事を確認するためにはもちろんですし、命に関わる状況に陥っている人達がスムーズに連絡をとれるようにするためにも、使える人は171を使うってとても大切なことだと思うんです。

知っている人だけでも171災害伝言ダイヤルをしっかりと支えるようにしておきたいですよね!