2020年の梅雨入りはいつ?定義や注意すべき災害は?

つーゆー

今後の天気予測を色々なサイトでチェックしてみると、2020年の梅雨入りは平年よりも遅くなるという予測をしているところが多いです。
それでは、2020年の梅雨入り予測、そしてそもそも梅雨入り予測はどのように行われているのかついて詳しくご説明していきます。

2020年の梅雨入りはいつ?

2020年の梅雨入りは、沖縄、西日本、東海、関東甲信において平年よりも遅くなると予測されています。

5月に入ると沖縄、奄美地方で梅雨入りが始まります。
5月末、6月中旬になると非常に強い雨、大雨になりそうです。

6月中旬には西日本、東北でも梅雨に入り、6月下旬には大雨になりそうです。

各地の梅雨入り速報

沖縄…5月11日頃
九州南部…5月30日頃
九州北部…6月11日頃
四国…5月31日頃
中国…6月10日頃
近畿…6月10日頃
東海…6月10日頃
関東…6月11日頃
北陸…6月11日頃
東北南部…6月11日頃
東北北部…
(随時更新予定)

ぼうちゃん

今年はコロナもあって外で思い切り遊べなかっただけに、梅雨なんて来なければ良いのにって思っている人は多いよね。
僕もそうだよ。

過去の梅雨入り・梅雨明けをチェック

 

【沖縄】

梅雨入り 梅雨明け
2019 5月16日頃 7月10日頃
2018 6月1日頃 6月23日頃
2017 5月13日頃 6月22日頃

 

【九州南部】

梅雨入り 梅雨明け
2019 5月31日頃 7月24日頃
2018 6月5日頃 7月9日頃
2017 6月6日頃 7月13日頃

 

【九州北部】

梅雨入り 梅雨明け
2019 6月26日頃 7月25日頃
2018 6月5日頃 7月9日頃
2017 6月20日頃 7月13日頃

 

【四国】

梅雨入り 梅雨明け
2019 6月26日頃 7月25日頃
2018 6月5日頃 7月9日頃
2017 6月20日頃 7月13日頃

 

【中国】

梅雨入り 梅雨明け
2019 6月26日頃 7月25日頃
2018 6月5日頃 7月9日頃
2017 6月20日頃 7月13日頃

 

【近畿】

梅雨入り 梅雨明け
2019 6月27日頃 7月24日頃
2018 6月5日頃 7月9日頃
2017 6月20日頃 7月13日頃

 

【東海】

梅雨入り 梅雨明け
2019 6月7日頃 7月24日頃
2018 6月5日頃 7月9日頃
2017 6月21日頃 7月15日頃

 

【関東甲信】

梅雨入り 梅雨明け
2019 6月7日頃 7月24日頃
2018 6月6日頃 6月29日頃
2017 6月7日頃 7月6日頃

 

【北陸】

梅雨入り 梅雨明け
2019 6月7日頃 7月24日頃
2018 6月9日頃 7月9日頃
2017 6月25日頃 8月2日頃

 

【東北南部】

梅雨入り 梅雨明け
2019 6月7日頃 7月25日頃
2018 6月10日頃 7月14日頃
2017 6月30日頃

 

【東北北部】

梅雨入り 梅雨明け
2019 6月15日頃 7月31日頃
2018 6月11日頃 7月19日頃
2017 7月1日頃

 

ぼうちゃん

2017年の東北は、曇や雨の天気が続いて、梅雨明けがいつなのか明確にならなかったんだって!
梅雨明けが特定できなかったのは平成21年以来だったらしいよ。

平年よりも梅雨入りが遅い地域が多い

2020年の梅雨入りは昨年よりも遅くなると考えられているようです。
沖縄や奄美ではほぼ平年通りですが、昨年よりも5日ほど早く梅雨入りしました。

そして四国が昨年に比べてなんと26日も早く梅雨入りしました。
昨年が遅かったというのもありますが、今年はかなり早く梅雨入りしています。

さらに、昨年は佐賀などで記録的な大雨となった西日本では平年よりも半月ほど梅雨入りが早くなりそうですが、東海、関東甲信では昨年より1週間から2週間ほど梅雨入りが遅くなりそうです。

東北の梅雨入りはほぼ平年並みですが、東北南部では梅雨入りが1週間ほど遅くなりりそうです。

沖縄や奄美では5月末から6月半ばにかけて非常に強い雨が降ると予想されています。
西日本、東海、関東甲信では6月下旬から7月半ばまでかなり強い雨が降ると予想されています。
北陸、東北では7月の梅雨末期にまとまった大雨が予想されています。

梅雨時期の降水量は平年よりも多くなると予想されているようです。

ぼうちゃん

・西日本…半月ほど早い
・東海、関東甲信…1週間から2週間遅い
・東北…平年並みだけど南部は1週間ほど遅い
雨量は平年より多いってことだね。

2020年梅雨明け予想

それでは、2020年の梅雨明けはいつになるのでしょうか。
沖縄や奄美では平年並みで、6月下旬に梅雨明けとなりそうです。
2019年は7月に梅雨明けとなったので、2020年はかなり早そうです。

西日本から東海、関東甲信の梅雨明けは7月中旬となり、2019年より1週間ほど早めです。
北陸や東北の梅雨明けは7月中旬で、平年より早くなりそうです。

ぼうちゃん

・西日本…半月ほど早い
・東海、関東甲信…1週間から2週間遅い
・東北…平年並みだけど南部は1週間ほど遅い
雨量は平年より多いってことだね。

梅雨入りの決め方は?定義はあるの?

梅雨入りの定義というのは、実はかなり微妙で曖昧な部分も多いようです。

「晴天が2日以上続いた後に、梅雨前線の影響で前日、本日が雨で、そこから1週間の天気予報が5日以上雨や曇」
簡単に言えば、梅雨前線の影響による雨、曇が1週間のうち5日以上続けば梅雨入りということです。

梅雨明けの定義は次のようになります。
「雨が2日以上続いた後に梅雨前線が北上し、前日と本日が晴れ、その後の1週間天気予報で晴れが5日以上続いた場合」

なかなかこちらも微妙な線引ですね。
梅雨入り、梅雨明けというのは天気予報士でもとても判断が難しいようで、過去には梅雨明けをしてから「梅雨入り、梅雨明けはこの日だったんじゃないか?」ってことで日にちが修正されたこともあるくらいなんですよ。

ぼうちゃん

梅雨入り、梅雨明けは雨の降った日数だけじゃなくて、梅雨前線の動きを見るのが一番確実だね。
雨の量だけじゃなかなか判断しづらいもん。

梅雨に多い災害の特徴は

梅雨時期には、様々な災害が起きるリスクが高くなります。
例えば、大雨、そして大雨による浸水や土砂災害です。

大雨に関してはこちらの記事でご紹介しています。
大雨警戒レベルとは?今すべき行動がわかりやすい!
雨量の意味って?1ミリ10ミリ50ミリ80ミリの体感や川の決壊の目安はどのくらい?

浸水に関してはこちらの記事でご紹介しています。
内水氾濫とは?外水氾濫との違いは?どんな警報に注意すればいいの?

外水氾濫とは?

大雨が降れば、たった数時間でも土砂災害のリスクが高くなってしまいます。
また、梅雨時期のように長期間雨が続いてしまえば、土壌が緩んで土砂災害を引き起こすリスクは高くなります。

そのため、梅雨時期には、大雨が原因で引き起こされる土砂災害や浸水に対する準備をしておく必要があります。

梅雨の集中豪雨とは?どのような被害が出る可能性があるの?

集中豪雨というのは、梅雨前線が停滞したり、台風が接近するなどした時、狭い範囲内に集中的に大量の雨が降ることを指します。

局地的な大雨というのは山、流れの急な川の多い日本において土砂災害を引き起こしやすく、浸水被害の原因になります。

集中豪雨の特徴とは?

集中豪雨にはいくつか特徴があります。

・梅雨時期がそろそろ終わる頃、前線が日本周辺に停滞した際、集中豪雨になりやすい
・台風の接近、または上陸の際に集中豪雨になりやすい
・短時間で空が雲で覆われ真っ暗になり、雷鳴などが聞こえると集中豪雨が発生する可能性が高い
・大気の状態が不安定、天気の急変に注意など天気予報で表現された日は集中豪雨に注意

梅雨時期の土砂災害への注意と備え

山の多い日本では崖崩れ、地すべりなどが発生するリスクが高いため、土砂災害のリスクのある地域は危険区域として区分されています。
その危険区域は、全国になんと65万区域以上もあるといわれています。

国土交通省ののウェブサイトに掲載されている土砂災害危険箇所や、自治体が発表している情報を確認しておきましょう。

危険区域
引用元:東京都建設局

マンホールの穴に注意

冠水した道路は足元に注意しなければなりませんが、マンホールの穴には特に注意が必要です。
集中豪雨が発生した場合、市街地はもちろんですが地下鉄、地下街などへの浸水を引き起こしてしまいます。

地上に降った大量の雨水が下水管に流れ込みますが、その勢いがあまりにも激しいとマンホールの蓋が浮き上がります。
マンホールの蓋が浮き上がり、吹き飛ぶこともあります。

マンホールの蓋が外れているのに気が付かず歩いてしまえば、マンホールの穴に落ちてしまいますので、冠水した道路を歩くのはとても危険です。

ぼうちゃん

マンホールの穴に気づかず落ちるなんて…
考えただけでもゾッとしちゃうよ。
気をつけないとな

逃げ遅れる可能性のある場所には行かない

集中豪雨による浸水などが起き始めている時、雨宿りのためにと地下や半地下に避難する方もいます。
しかし、浸水が本格的に進むと、地下や半地下というのは浸水による水圧の上昇でドアが開かなくなってしまったり、その結果逃げ遅れることもあるので避難するのであれば地下などではなく2階以上の建物に避難してください。

車が水没した時の脱出方法

内水氾濫などによって、車が水没したときの脱出方法についてご紹介します。
内水氾濫については内水氾濫とは?外水氾濫との違いは?どんな警報に注意すればいいの?で詳しく解説しています。

水圧でドア、窓ガラスが開かない時のために、緊急脱出用ハンマーを準備しておくのがおすすめです。
車内にあるもので窓ガラスを割るというのはなかなか難しいので、やはり緊急脱出用ハンマーがあればもしもの時に安心です。

梅雨の大雨や土砂災害への備え

大雨の予報が出ている時や、土砂災害の可能性が高まっている時には、万が一に備えて浸水や土砂災害を防ぐ準備をしましょう。

水のうを準備する

水のうというのは、土のうのように砂を使うのではなく、水を使います。
ゴミ袋などに水を入れて重しにすると排水溝などから水が逆流してくるのを防げます。

ゴミ袋ではなく、バケツやプランター、ポリタンクなどでも水のうは簡単につくれます。

すぐに避難できる服装に着替える

災害が派生するリスクが高まっている時には、出来る限り動きやすい服装を心がけるようにしてください。
ここで注意すべきなのは長靴ではなく運動靴などを履くということです。

長靴は、浸水時に役立つと思いがちですが、長靴に水が入り込んでしまえば簡単に脱げてしまいますし、歩きにくくなります。

浸水時などは足が濡れるのはもはや仕方のないことですので、動きやすいようにしっかりと紐できつく締め付けることができる運動靴がおすすめです。

ぼうちゃん

長靴はだめなんだね!
確かに長靴に水が入ったら重くなって絶対動きにくいから知っててよかった!