暴風警報とは?休校や交通機関がストップする基準や風速の体感は?

風ねこ

最近は大型の台風が上陸することも増えています。
このような時に発令されるのが「暴風警報」ですが、この暴風警報は何メートルの風が予想される時に発令されるのでしょうか。
また、休校や交通機関がストップするのは何メートルの風が吹く時なのか詳しくご説明します。

暴風警報とは

暴風警報とは

平均風速がおおむね20m/sを超える場合(地方により基準値が異なる)
気象庁より引用

とされています。

つまりとにかく風が強く、その風によってけが、事故など様々な災害が予想される場合に発表されます。

暴風警報の発表基準は?風速何メートル以上で発令される?

暴風警報の発表基準はやはり気になりますよね。
気象警報というのは、そもそも風速や表面雨量指数、波の高さといった気象における要素がひとつお基準に達した場合に発表されます。

その基準が「平均風速がおおむね20m/sを超える」
というものです。
ただし、これは地域によって基準となる値は違ってきます。

災害による影響は、その気象現象がどの程度の規模なのか、それぞれの地域における環境や季節の違いが大きいからです。
気象庁では、暴風警報、注意報を発表する区域によって、過去に暴風による災害がどの程度で発生したのか、気象状況などを調査したうえで発表する基準を設けています。

ぼうちゃん

20m/sの風!?って一瞬びっくりしたけど実際どのくらいの風なのかはいまいちわかんないな…体感でどのくらいの風なのかは「風速20m/sの風って体感は?」で解説しているよ!

地域ごとに違う暴風警報発表の基準

前述したように、暴風警報が暴風警報が出される基準は全国各地で違うんです。
例えば、東京の場合には、風速25m/s以上の風が吹く場合には、暴風警報が発表されます。
名古屋は風速20m/s、沖縄は風速25m/sといったように、地域によって異なります。

仮に、現状としてはそこまで風が強くないと感じても、暴風警報が発表されたのであれば、その後かなり高い確率で風が強くなると考えられます。

風速20m/sの風って体感は?

風速20m/sの風と言われても、実際にはどのような風なのかいまいちピンと来ないということもあります。
ちなみに、この「m/s」というのは10分間あたりの風速の平均値をあらわしています。

風の強さの目安ですが、次のように考えると区分しやすいです。

・風速10~15m/s…歩きにくさを感じる
・風速15~20m/s…転倒する可能性が高くなる
・20m/s以上…まっすぐに立っていられない

ぼうちゃん

台風なら風速40m/sとか普通にあるよね?20m/sで立っていられないなら台風の風って…怖すぎる…

暴風警報が発表されると学校は休校になるの?

暴風警報が発表された場合には、学校も休校になることがあります。
ただ、暴風警報が発表された場合に休校になるのかどうかは、とても細かい基準があります。

何時に発表されたのか、何時まで解除されていないのかによって休校になるのかは変わります。
暴風警報による学校や幼稚園、保育園の休校については学校が休みになる警報一覧で詳しくご紹介しています。

ぼうちゃん

確かに、朝7時の段階で判断してもらわないと、ギリギリになって休校です!登校です!
なんて言われても親は困ってしまいますよね。

電車や新幹線は25m/sから30m/sで運転見合わせ

どの路線を利用するのかにもよりますが、JR西日本の場合には一部の路線で特に風の影響を受けやすく、実際に過去に暴風による災害が発生している地域もあります。

そのため、風速が25m/sから30m/s以上になれば運転見合わせとなります。
場合によっては、運転速度を下げて運行する場合もあるようです。

では運転再開となるまでにはどのくらいの時間がかかるのでしょうか。
もう風は弱まっているのになかなか運転再開されない…とイライラした経験のある方も多いのではないでしょうか。

実は、運転再開までにはいくつかの段階をクリアしなければなりません。

・風速が一定の規制値になること
・飛来物、倒木等の有無をチェックし除去
・輸送手配

この3つの段階をクリアしていなければ、正常なダイヤには戻りません。

ぼうちゃん

風が弱まったからといって簡単にダイヤを戻してしまうと、倒木などがあれば大事故につながるよね。
まだかまだかって家で待っている間にも、正常なダイヤに戻すために奔走してくれているんだな…

暴風警報発表時に慌てないために

暴風警報が発表された時、それは風が強く様々なトラブルが起こる可能性があるということです。
だからこそ、暴風対策のために最低限のものは準備しておきましょう。

・レインコート
・止水版
・段ボール箱・ゴミ袋
・ガラス飛散防止フィルム

中でも、レインコートは必須です。
暴風の中、傘をさすなんて全くの無意味です。
むしろ傘が風に煽られて転倒のリスクが高まりますので、レインコートを着用するようにしましょう。

また、ガラス飛散防止フィルムも、念の為に貼っておくと安心です。
風でガラスが割れてしまえば、そのガラスは風で室内に吹き込んできます。

ガラスで怪我をしてしまわないようにしなければなりません。

ガラス飛散防止フィルムを貼っておけば、割れたガラスが室内に吹き込んでくるのを防げます。

ぼうちゃん

ガラス飛散防止フィルム、絶対貼っておいた方が良いよ!僕も台風で家のガラスが割れた時は本当に大変だったから…貼っているだけで被害がかなり小さくて済むよ!