風速の体感や目安って?瞬間風速との違いは?

風の日

天気予報を見ていて、風速○メートルという予報を見た時どう思いますか?
私は正直「風速3メートルか。うーん、そんなに強くないね」という程度です。

でも、実は風速は○メートルから○メートルなら体感はこうだ!という目安が設けられています。
その目安や体感について調べてみましたので、ご紹介します。

風速の目安や体感は?

風速の目安はm/sで表されますが、実際に体感だとどう感じるのかご紹介します。

0~0.4m/s
とても穏やかでほとんど風は感じません。
体感は無風です。

1~3m/s
蚊取り線香の煙が少しなびく程度です。
体感は少し風を感じる程度です。

3~5m/s
道に落ちている葉っぱが動く程度の風です。
体感は風が吹いているなと実感できる程度で、心地よさを感じます。

5~10m/s
風で砂埃が立ちはじめ、水たまりの水や池の水に波が立ちはじめます。
このあたりで風が強いと感じるようになります。


10~15m/s
傘を指しづらく感じ、電線が大きく揺れ始めます。
帽子も飛ばされます。


15~20m/s
向かい風であれば歩きにくさを感じるようになり、高速道路などを走行中であれば車が風に流されます。

20~25m/s
立っているのが困難になり、シャッターなどが激しく揺さぶられ、建物の外装にダメージが及びはじめます。

30m/s以上
非常に猛烈な風で、外出が困難なレベルです。
樹木は根本から倒れてしまい、怪我や災害などのリスクが極めて高い状態です。

風速50m/s


風速60m/s


風速80m/s


ぼうちゃん

台風は風速17m/s以上のものだから、30m/sとなるとかなり強い風だよね。
こんな中傘をさしても全く雨をしのげないだろうな。

ちなみに!洗濯物を干すなら風速5m/s以上は部屋干しにしないと砂埃がついたり、飛ばされちゃうよね。
釣りに行く時も、5m/s以上だと波も高くなるしウキも見えづらくなるしであんまり楽しめないかもね。

風速と瞬間風速の違いって?

春一番、台風などの気象情報を伝える際に、風速だけでなく瞬間風速という言葉を耳にしますよね。
ではこの風速と瞬間風速の違いはどのようなものなのでしょうか。

風速平均風速とも呼ばれ、10分間の平均風速を指します。
瞬間風速ある瞬間における風速を指します。

瞬間風速は、平均風速の3倍ほどの風速になることもあります。
台風をはじめ、風の強い日は、その日一番風の強かった瞬間の風速を測定します。

ちなみに、風速17m/sというのは、車の速度でいえば時速60キロから65キロほどの速度になります。
時速60キロで走行する車の窓から手を出してみると、風速17m/sを体感できます。

最大風速が50m/s以上の台風一覧

・昭和40年 台風23号…69.8m/s
・昭和41年 台風18号(第2宮古島台風)…60.8m/s
・昭和17年 60m/s
・昭和36年 台風18号(第2室戸台風)…56.7m/s
・平成27年 台風21号…54.6m/s
・昭和52年 台風5号…53m/s
・昭和39年 台風20号…50.2m/s

ぼうちゃん

風速69.8m/sだよ!?瞬間風速じゃないからね!
こんな風吹いたら本当に精神的におかしくなるよ。
ちなみに、これまでで一番最大瞬間風速が大きかった台風は、昭和41年の台風24・26号でなんと91m/s!
考えただけでゾッとするね…