波浪の意味とは?注意報や警報が出たらなにを注意すれば良いの?

波浪

天気予報を見ていて波浪注意報波浪警報といった言葉を耳にしますが、実際のところ波浪警報ってなに?なにかしら海が関係しているんでしょ?という方も多いと思います。

それでは、波浪警報について詳しくその内容を解説していきます。

波浪の意味とは

「波浪」というのは簡単にいえば、強風により生み出される周期の短い波動です。
強い風が吹き波浪が発生すると波の高さも上昇していきます。

波浪は時間が経過するとうねりへと変わり、波は少しずつ低くなります。
逆風、地形など様々なものに影響を受けて時間をかけて収まっていきます。

つまり、波浪は強風によって発生した波がうねりを伴った状態のことです。
波浪による被害というのは実はよく起きており、波浪警報レベルのものになると漁船、貨物船などが座礁する原因になる場合もあります。

ぼうちゃん

地震で発生した津波が引き起こす高潮ではなくて、風でつくられた高波が波浪なんだね。

波浪警報が発令される時には、だいたい暴風警報もセットで発令されるのは、波浪が風の影響を受けるからなんだね。

波浪警報と波浪注意報の違い

波浪警報、波浪注意報が発表された場合、海上のうねりに注意しなければなりません。

では、警報注意報はどのように違いがあるのでしょうか。
実は波浪警報が発表されるのか、波浪注意報が発表されるのかは場所によって違います。

・札幌…6.0mで波浪警報、3.0mで波浪注意報
・東京…3.0mで波浪警報、1.5mで波浪注意報
・福岡…6.0mで波浪警報、2.5mで波浪注意報

このようになります。

ちなみに、波浪特別警報が発令される時もあります。
ただ、この波浪特別警報が発令されるほど大きな波浪が予想されるということは、同時に警報級、またはそれ以上の暴風や台風が発生していますので、絶対に海には近づかないようにしてください。

波浪警報と暴風波浪警報の違い

暴風波浪警報は、暴風警報と波浪警報とをまとめた言い方です。
暴風警報と波浪警報が同時に発令されているような場合には天気予報で用いられる言葉です。

基本的に、波浪は風によって生み出される波ですので、波浪警報が出るということは海上の風もとても強く、暴風と波浪は同時に発生するのが一般的です。

ただ、気象警報の中に暴風波浪警報という言葉があるわけではなく、あくまでも暴風警報と波浪警報が同時に発令された時に使用する造語だと考えてください。

暴風警報とは?休校や交通機関がストップする基準や風速の体感は?

波浪警報の発表基準は?

波浪警報に限らず、警報というのは重大な災害が起こる可能性がある場合に、警戒をよびかけるためのものです。
注意報は、災害が起こる可能性がある場合に注意をよびかけるためのものです。

波の高さ、雨量、風速など気象要素が一定の基準に達した時、発表されますが、自治体によってその基準が違ったり、もともとの地形や過去の災害の有無なども警報発表の有無に関係してきます。

波浪警報の場合、前述したように自治体によって警報発表の基準が異なります。

波浪と津波の違いは?

波浪は海上で吹いている風によって海面付近で生み出される波です。
津波は地震など海底地形が変形したことで広範囲に渡って海水全体が持ち上がったり下がったりし、その時に生じた波が周囲に広がっていきます。

津波の波長というのは、数キロから数百キロととても長いのが特徴です。
海底から界面まで大量の海水が沿岸に押し寄せてきます。

津波は沖から海岸付近に近づくと急激に波が高くなり、海岸付近にあるものを全て飲み込みます。

さらにそこから津波が引いていく時のエネルギーも凄まじく、家屋などは簡単に懐中に引き込まれてしまいます。

文章では少し分かりづらいので、波浪の波、津波の波を比較できる動画があったので、是非一度観てみてください。

■波浪


■津波


波浪警報が内陸部で出されることはある?

波浪警報は基本的に内陸部で出されることはありません。
そもそも、波浪警報自体が海上の波に関する警報ですので、内陸部ではまず無関係です。

内陸部では警報が発令されることはほぼありませんし、発令されたとしても特に気にする必要はありません。

ただし、実は内陸部であるにも関わらず、台風のたびに波浪警報が発令されるという地域もあります。

例えば、このような例です。

波浪綾部
引用元:yahoo

こちらのように、内陸部でありながらも波浪警報が発令される場合もあります。

しかし、発令されたとしてもそれは波浪に対して警告の意味があるのではなく、あくまで気象情報を伝えるという側面から見た場合にひとまとめにされているというだけですので気にする必要はありません。

波浪警報が発表されたときの注意点は?

波浪注意警報が発表された時は何よりもまず海外に近づかないようにして、どうしても海岸沿いを移動しなければならない場合には高波に十分に注意してください。

また海水浴やサーフィン、釣りなど海沿いでのレジャーは行わないようにしてください。

釣り船、遊漁船、ゴムボートなどを出しての釣りも控えるようにしましょう。

界面にうねりがある場合にはもちろん釣りなどは控えるべきだとわかると思いますが、一見するとそこまでうねりがあるわけでもないように見えても、実はかなり激しいうねりがある場合もあります。

波浪警報が出ている場合には、絶対に無理をしてまで釣りなどレジャーには行かないようにしてください。

波浪警報で学校は休みになる?

波浪警報、波浪特別警報が発令された場合には普通の学校であれば休みになることはありません。
しかし海岸に面している学校や、どうしても通学路が海岸線に面しているような場合には休校になる場合もありますので自治体によって休校するかどうかはまったく違ってきます。

学校が休みになる警報一覧

波浪警報が解除されたらすぐに海(釣り)に行っても大丈夫?

波浪警報が解除されれば海に釣りなどをしに行っても良いのではないかと思われるかもしれませんが波浪警報が解除されたとしてもまだまだ海はうねりを伴っている可能性が高いです。

また波浪警報が発令されたということは普段は海水のかかっていない場所も濡れている可能性がありますので滑りやすくなっていたり、場合によっては地面が侵食されている可能性もあります。

そのようなリスクがありますので波浪警報が仮に解除されたからといってすぐに海に遊びに行ってはいけません。

ぼうちゃん

そもそも波浪でうねりが出たあとだし、濁ってて魚なんて釣れないんじゃない?
またお天気の良い日に思い切り釣りを楽しむようにしようね!

波浪による過去に発生した被害

波浪なんて大きな被害にはならず、あまり意識する必要もない、注意なんてしなくて良いと思われる方も多いかもしれません。
しかし、これまでに波浪による被害は少なからず起きています。
その実例を挙げていきます。

■2008年2月には富山県で発生したうねりによって、伏木富山みなとの北防波堤が800メートルもの距離でh偽愛を受けました。
消波ブロックが散乱したり、越波による浸水や陥没被害が発生しています。
この時には、富山県内で死者が出たほどの大きな被害となりました。

■2017年10月に台風21号による波浪が発生し、西湘海岸から湘南海岸一体に被害をもたらしました。
湘南海岸、茅ヶ崎菱沼地区における自転車道が崩壊したり、港の駐車場の舗装がはがれるなどその被害はとても大きかったようです。

ぼうちゃん

波浪注意報って、暴風とか大雨に比べたらあんまり身近じゃないように感じるけど、やっぱり海に関する警報だから被害は大きくなるんだね