地震による二次災害とは?例や対策などわかりやすく解説

二次災害火事

地震が発生しすると、地震そのものによる被害はもちろん、それだけではなく二次災害も発生する可能性がとても高くなります。

地震による二次災害とはどのようなものなのか、例を交えて出来る限りわかりやすくご説明します。
また、二次災害の予防方法についてもご紹介します。

 

地震による二次災害とは?

二次災害とは最初に発生した災害が元になり、そこから別の災害が発生してしまうことです。
地震であれば火災津波地割れ液状化現象などが二次災害として代表的です。

豪雨であれば地盤がゆるくなりますので、土砂崩れが起きるリスクが高くなります。
このように、元となる地震、豪雨などが発生後、新たな災害が発生するのを二次災害といいます。

また、地震などとは異なり、海難事故などの救助に向かった救助隊が被災してしまうような場合も二次災害となります。

ぼうちゃん

地震そのものも怖いけど、地震が原因で色々な二次災害が起こるなんて…
地震だけじゃなくて、二次災害についてもちゃんと考えておかないと!!

 

地震による二次災害の例

それでは、地震による二次災害として代表的な火災、津波、地割れ、液状化現象についてご紹介します。

火災による二次災害

火災は地震発生時に起こる可能性が最も高い二次災害です。
地震に起因した火災は、関東大震災、阪神淡路大震災、東日本大震災でも発生しています。

1923年の関東大震災では、発生当時に台風による強風が吹き荒れており、その結果広範囲に火が燃え広がりました。

地震による火災が発生する原因は、料理をしていた時に地震が発生したことによる火の不始末が最も多いといわれています。
また、電気配線がショートしたり、停電していた電気が通電した時に、火災が発生することもあるんです。


冬場であれば、ストーブなどの暖房機器が倒れ、そこから火災が発生します。

津波による二次災害

地震による二次災害としては津波もあります。
地震による津波としては、東日本大震災が記憶に新しいのではないでしょうか。

この地震による津波というのは、海底の断層がズレることで盛り上がり、海水が押し上げられたことで発生します。
押し上げられた海水は大きな波になり、陸に押し寄せてきます。


地震が大きくなればなるほど、断層も大きくズレますので津波も大きくなります。
津波が発生すれば海岸に隣接した建物だけではなく、さらに内陸部まで浸水する可能性もあります。

浸水すれば足場が悪くなりますので、転倒したり、浸水による不衛生な状態が続けば感染症などのリスクも高くなります。

地割れによる二次災害

地震が発生すると、地割れが起きる場合があります。
地震によって引き起こされる強烈な揺れが原因となり、地表に亀裂が入ってしまいます。

地盤が弱い場所、傾斜になっている場所で起こりやすい地割れによって、地形が大きく変わることすらあります。

地割れ部分に足が引っかかれば転倒してしまいますし、地割れが大きければさらに大きな怪我をしてしまうリスクもあります。


(50秒あたりから地割れが映ります)

液状化現象による二次災害

液状化現象は、地盤の緩い埋立地など、地中の水分量が多い場所で発生しやすいです。

埋め立て地というのは、土砂の粒、そして水の粒とが等しく混ざり合っているので、地震が起きた時に重量の重い土が下に、軽い水は下に移動していき地盤が弱くなるのです。

地盤が緩くなると車や建物が地中に沈みこんだり、マンホールが浮かび上がるなど異常が起こるようになります。


(1分20秒あたりから)

ぼうちゃん

地震による火災や地割れ、液状化現象などは震災後のニュースで見たことある。
阪神淡路大震災の火災はとにかくひどかったみたい…
至るところから大量の黒煙が上がってたよね。

 

地震による二次災害と避難所での病気

地震による二次災害は、火災や地割れなどばかりではありません。
場合によっては、体の異常として二次災害が起こる可能性もあります。

それでは、地震による二次災害として引き起こされる可能性のある体の異常、病気についてご紹介します。

エコノミークラス症候群

地震によって家屋が倒壊したり、一時的に避難所、車中などで寝泊まりしなければならないこともあります。
そこでエコノミークラス症候群を発症する可能性があります。

同じ姿勢のまま長時間過ごしていると、静脈内に血栓が作られてしまい、その血栓が血液に乗り肺の血管が詰まったり、脳の血管を詰まらせます。

呼吸困難、頭痛、冷や汗、発熱といった症状を引き起こします。

感染症

地震による津波、下水管の破裂などが原因で、不衛生な状態が続くと、感染症を発症することがあります。

特に地震によって怪我をしている場合には、感染症を引き起こすリスクがとても高くなります。

 

地震による二次災害の対策

地震による二次災害を防ぐためには、万が一地震が発生した時にどう行動するべきか、どれだけ準備できているかの対策がとても重要になります。

例えば火災は、地震発生時に火の不始末が原因で引き起こされることが多いです。
地震が発生したら冷静になってまず火を消す、できるだけブレーカーを落としてから避難するなど、火災の発生を防ぐ行動をとるべきです。

また、どこで地割れが発生しやすいのか、液状化現象が起こりやすいのはどこなのかを把握しているだけでも、避難時にその場所を避けて行動できるので二次災害に巻き込まれるリスクを最小限に抑えられます。

ぼうちゃん

やっぱりもしもの時のために準備しておくというのはとても大切だね。
今は地震だけじゃなくて、豪雨や台風みたいにどこでどんな災害が起きてもおかしくないから二次災害に巻き込まれないために考えておくべきことはたくさんあるよ!