大雨警戒レベルマップとは?今すべき行動がわかりやすい!

大雨

「大雨警戒レベル」は、2019年にスタートした大雨によって引き起こされる災害発生の危険度、そしてその危険に対してどう行動するのかを示すものです。
それでは、大雨警戒レベル、大雨警戒レベルマップについて詳しくご紹介していきます。

大雨警戒レベルマップ

大雨警戒レベルマップは、大雨が起きた時に現在そのエリアが「大雨警戒レベル」でどのレベルなのか、そのエリアで土砂災害、河川洪水が起きるリスクがどのくらい高まっているのかを把握するためのマップです。

大雨警戒レベルマップ引用元:yahoo!天気

大雨警戒レベルの種類

大雨警戒レベルは次の4段階に分けられます。

・レベル1…最新情報に注意
気象庁では、早期注意情報という情報を発表していますが、数日先までになにかしらの気象情報が出るという可能性を持参しています。
レベル1では、このような情報をチェックして、大雨に関する最新情報を確認する必要するよう促しています。

・レベル2…避難方法など確認
気象庁から大雨・洪水注意報が発表される段階です。
避難するとなった場合、どのように行動をすれば良いのか確認しましょう。
自宅付近でどの災害が起こりやすいのかをハザードマップで確認し、避難する場所や避難するまでの経路を再確認しておくよう促しています。

・レベル3…高齢者など避難
大雨・洪水警報や、川の氾濫リスクがあるはん濫警戒情報が発表される段階です。
避難準備・高齢者等避難開始という情報が発表され、この情報が発表されればお年寄り、体の不自由な方など避難するまでに時間のかかる人は避難を開始します。
そうでない人も自主的に避難をはじめて良い段階になります。

・レベル4…危険な場所から全員避難
土砂災害のリスクが非常に高くなっており、土砂災害警戒情報が発表されたり、川が氾濫してもおかしくない状況ですので、氾濫危険情報が発表されます。
避難勧告が発令され、災害リスクの高い場所にいる人は全員避難をはじめてください。

その後、避難指示が発表されることもありますので、避難指示が発表されたら即座に避難を開始してください。


引用元:気象庁

ぼうちゃん

これを見れば、避難するの?しないの?どうしたらいいの???ってオロオロしなくても、今すべき行動がかなりわかりやすくなるよね!