大雨の時どの警報が出たら避難をはじめればいい?

災害

防災気象情報からどのように警戒し、どう行動すべきなのかを表でわかりやすくご紹介しています。

気象情報 どう行動すべきか 警戒レベル
大雨特別警報

氾濫発生情報

すでに災害が発生しており、警戒レベルでは5にあたります。

どこかで災害が発生している可能性がとても高いので、命を守るために必要な行動をとります。

警戒レベル5相当
土砂災害警戒情報

氾濫危険情報

高潮特別警報

高潮警報

地元自治体が避難勧告を発令する際に基準となる情報で、要避難警戒レベル4相当です。

災害が予想される区域においては自治体からの避難勧告発令の有無を確認し、避難勧告が発令されていなくても河川の水位などを自身で確認してください。

警戒レベル4相当
大雨警報

洪水警報

氾濫警戒情報

高潮注意報

地元自治体が避難準備、または高齢者等避難開始を発令する場合の基準となり、高齢者等の避難が必要な警戒レベル3相当です。

災害が予想される区域においては自治体から発令される避難準備、高齢者等避難開始の発令を確認し、避難勧告が発令されていなくても河川の水位などを自身で確認し行動します。

 

警戒レベル3相当
危険度分布(黄色)

氾濫注意情報

避難行動の確認が必要な警戒レベル2です。

ハザードマップなどをから災害が予想される区域、避難先、避難経路を一度確認しましょう。

警戒レベル2相当
大雨注意報

洪水注意報

高潮注意報

避難行動の確認が必要な警戒レベル2です。

ハザードマップなどから災害が予想される区域、避難先、避難経路を一度確認しましょう。

警戒レベル2
早期注意情報 災害への準備をはじめる警戒レベル1です。

防災気象情報などを確認し、災害への準備をはじめましょう。

警戒レベル1

 

ぼうちゃん

注意報とか警報が出ても、どれが出たら避難すれば良いのかってわかりにくいよね。

でも、ある程度でも注意報と警報が警戒レベルでいえばどのくらいなのかが確認できていれば、行動もきっと変わってくるよね!

2020年も大雨が予想され、様々な災害が起こる可能性が高いといわれています。

できるだけ早めの対策、避難が重要になりますので、どの警報や注意報が発令されたら警戒レベルではどの程度なのか、その時どう警戒するのかを確認しておいてください。

また、大雨や台風などの際、下記のような情報もきっと役立ちますので、是非内容を確認してみてください!

雨量の意味って?1ミリ10ミリ50ミリ80ミリの体感や川の決壊の目安はどのくらい?

雨量と降水量の違いと降水確率の意味とは