台風とハリケーンとサイクロンの違いとは?強さに差はあるの?

台風

台風とハリケーン、サイクロンの3つは、まず名前が違います。
しかし、実は名前は違うものの、共通している部分もあるんですよ。

それでは、台風、ハリケーン、サイクロン、3つの違いについて詳しくご紹介していきます。

台風 ハリケーン サイクロンの違いと共通点

台風、ハリケーン、サイクロンは名前こそ違いますが実は同じところがあります。
それは熱帯低気圧であるということです。

熱帯低気圧というのは熱帯、または熱帯地方において発生する低気圧のことを指します。

その強さが増すことにより台風やハリケーンそしてサイクロンと呼ばれるようになります。

この名前ですが、発生した地域によって違いが出てきます。

3つの違いは発生した場所と風速

まず台風ですが、台風というのは東経180°よりも西側の北西太平洋や南シナ海において発生する熱帯低気圧です。

その条件を満たしており、風速が毎秒17m/s以上にまで発達したものを台風と呼びます。

つまり熱帯低気圧と台風との分かれ目は、風速にあるということです。
台風は1月1日からの1年間で最も早く発生したものを1号とカウントしていきます。

日本では1号、2号と呼びますが実は台風には名前が着けられています。

この台風の名前の付け方や過去のおもしろネーミングについては台風の名前はどう決めてるの?過去のおもしろ台風ネームは?で詳しくご説明していますので、是非読んでみてください。

ハリケーンとサイクロン

ハリケーンは北大西洋やカリブ海、さらにメキシコ湾、北東太平洋にある熱帯低気圧の中で風速が33m/s以上にまで発達したもののことを指します。

サイクロンはベンガル湾やアラビア海といった北インド洋にある熱帯低気圧が風速17メートル以上にまで発達したもののことを指します。

南半球で発達した場合にはサイクロンと呼ばれますが、北半球と南半球で渦の巻き方が違ってきます。

北半球であれば反時計まわりに渦を巻き、市南半球であれば時計まわりに渦を巻きます。

ぼうちゃん

発生した場所によって名前が違うのかー!
ハリケーンのパワーがすごいのは知ってたけど、サイクロンと台風が実は風速的にはあまり変わらないというのは意外だったな。

 

台風 ハリケーン サイクロンで強さに違いはあるの?

台風、ハリケーン、サイクロンというのはどれも熱帯低気圧が発達したものですが、強さには違いがあります。

風速で言えば、やはりハリケーンが一番強くなります。

しかしハリケーンは風速が33m/s以上にまで発達したもののことを指しているだけであり、風速33m/s以上の台風であればサイクロンと同等の勢力を持っているといえます。

ぼうちゃん

風速だけで見るとやっぱりハリケーンが最強だよね。
でも風速33m/sって言われても正直ピンとこないな…
って方は風速の体感や目安って?瞬間風速との違いは?で風速と体感について詳しく解説しているので読んでみてください!