東京アラート発動されたらどうなる?発動の基準や詳細は?

レインボーブリッジ

5月15日に小池都知事が「東京アラート」について基準を示しました。
この東京アラートについて現在分かっていることをまとめています。

東京アラートとは

「東京アラート」発動の基準となるのは次の3つのラインを超えた場合です。

東京アラート

引用元:NHK

この3つのラインを超えてしまうと、東京アラート発動となります。

緊急事態宣言解除後にも感染者が増加した等の際に都民に対して警戒を呼びかけるためのアラートとなっています。

ぼうちゃん

6月2日は感染者数もかなり増えてきて、23時からレインボーブリッジ、東京都庁が赤色になるんだって。

東京アラート発動されたらどうなる?

東京アラートが発動されると、港区台場にあるレインボーブリッジと東京都庁が赤色に点灯します。

そして都民に対して注意や警戒を呼びかけ、危険な状態になりつつあると知らせるのです。

それでもさらに外出自粛、休業要請の目安を上回れば感染拡大防止のために自粛、休業の再要請をする、とのことです。

東京アラートが発動されたからといって法的効果があるわけではありません。
それでも、気持ちが緩みはじめてきた時には「ちょっと気をつけよう」という気持ちにさせる効果はあるかもしれません。

ぼうちゃん

それだけ!?
ぼくの家からはレインボーブリッジ見えません…
でも赤色になるだけでも警戒するべきだって訴えかける効果があるの…かな?
どうなんだろう。